今流行りの「田舎への移住」!後悔しない自分らしく暮らす方法

リーズナブルに移住したい!おすすめの格安移住先ベスト3

近年、若者に物価の安いアジア諸国が人気です。慢性化している就職難、正規雇用の減少で低所得の若者が増えています。物価の高い日本では、豊かに暮らすことは難しくなりつつあります。そんな日本での生活に行き詰まりを感じている若者は少なくありません。

あくせくせずに自分らしく生きたいという気持ちから、近年アジア圏への移住を考える若者が増えています。今回は格安の移住先をご紹介したいと思います。

第1位はフィリピンです。フィリピンの物価は日本では考えられないほど安く、多額の資金は必要ありません。フィリピンは貧富の差が激しく、居住地域によって生活レベルが違います。

日本人を含め外国人は、治安の良い富裕層の居住地域に住んでいるのが一般的ですが、月25,000円ほどで衛生的なコンドミニアムが借りられます。

外食をする場合も、ローカルレストランと呼ばれる屋台のようなお店では、50円〜300円で食事ができ、外国人向けのレストランでも安いところでは1,500円程度です。

交通費も非常に安く、電車なら1時間ほど乗っても25円〜30円で移動できます。他の交通手段に比べると割高に感じますが、タクシーでも1時間くらい走って800円前後です。

全てにおいて日本に比べると格安なフィリピンの物価ですが、電気代だけは日本並みに高く、月約5,000円になりますが、それを差し引いても物価は全体的に安いと思います。

第2位はタイです。タイの首都バンコクは、日本と変わらない生活ができるほど便利で、物価は日本の3分の1程度と安いので、日本より贅沢な生活ができます。

バンコクから1時間程で行ける緑豊かな古都チェンマイや、人気のリゾート地パタヤなどの地方都市では、日本の2分の1から3分の1の費用で一軒家を借りることもできます。かなりコストパフォーマンスが高い国と言えるでしょう。

第3位はインドネシアです。インドネシアは多数の島からなる群島国家で、地域による物価の違いが大きいです。インドネシアの首都ジャカルタはビジネス都市として栄えており、日本の都市と変わりません。

日本食レストランなども豊富で便利ですが、そういった外国人向けのお店の値段は日本とほとんど変わりなく、むしろ高いところもあります。また、イスラム圏なのでアルコール類も高めです。

ジャカルタの物件の平均家賃は、日本の半分程度ですが、治安があまり良くないため、一軒家よりアパートメントタイプの部屋を借りるのが一般的です。

しかし中心部から少し離れて郊外に行くと、庭付きプール付の広々とした一軒家を比較的安価に借りることができ、日本では経験できないような贅沢な暮しができます。全体的に観光客や外国人向けの施設や物価は高く、現地人向けの市場や住居は安い傾向にあります。

ただし、インドネシアのタクシーは他の国と比べて格安です。初乗りが55円と非常に安く、街中を流しているので少しの距離でも手軽に利用できます。

日本と比べると格安の東南アジア。急速な発展に伴い、日本企業も数多く進出しているので、語学が堪能なら現地採用も可能です。現地人の条件に比べて優遇されることも多いので、日本より豊かな生活ができるかもしれません。