今流行りの「田舎への移住」!後悔しない自分らしく暮らす方法

自分らしいライフスタイルを!移住を希望する人が増加する理由

近年、幅広い年代で移住を考える人が多くなっています。「海外で活躍して経験豊かな人生を送りたい」「田舎で自然に囲まれてのんびり暮らしたい」「税金の安い国で資産を上手に運営したい」など、移住の目的はさまざまです。

大都市へ仕事を求めて移住する若い人たちが増える一方で、「ふるさと回帰」も増えています。これまで、地方移住希望者といえば、圧倒的にシニア世代が主流でしたが、30~40代の世代が子育てを目的として地方回帰の動きを見せています。

地方回帰を希望する人には「年収が少なくても、それなりの生活を維持しながら子育てができるなら」「田舎の方が都会より個性的な生活が楽しめる」など、都会に居住する必要性を感じないという価値観が広がりつつあります。

また、震災時に交通・物流が止まり、都市機能が麻痺したことや、原発事故による「食」にショックを受け、祖父母や両親のいるふるさとの方が安心だと考える人も多いようです。

物価の高騰、過酷な労働環境、急激に進行する貧富の二極化、年金制度の破たんなど、現代日本の将来には不安要素がいっぱいです。このような状況で、都会であくせく働くことに疑問を感じる人も多いでしょう。少し不便でも自分らしく生きたい、家族との時間を大切にしたいと考えるのも当然かもしれません。

移住を成功に導くために!移住プランをしっかり立てよう!

地方だけではなく海外への移住希望者も増加しています。特に雇用機会の減少で就職が難しい若い世代は、日本の将来性に失望して、海外に活路を見出そうとしています。自分のペースで働いて、日本より余裕のある生活ができる、物価の安い東南アジアなどへの移住希望者が多いようです。

シニア世代の夫婦揃っての海外移住や、相続税や贈与税などの節税のために、移住する富裕層も増加しています。その一方で、憧れの地で移住生活をはじめたものの、後悔したり生活が立ち行かなくなったりして、残念ながら元の居場所に戻る人も少なくありません。

移住は、夢や憧れだけで実行に移してしまうと、失敗に終わる可能性が高まります。情報をなるべく多く集めること、仕事や住まいを確保すること、資金を準備することなど、国内にしても海外にしても、移住にはしっかりとした計画と準備が大切です。

このサイトでは、移住プランの立て方や、移住のためのノウハウなど、さまざまなケースを紹介しています。あなたらしく幸せに暮らすために、後悔しない移住計画を立てましょう。

どうなっているの?海外移住で気になるお金の問題とは?

海外に移住する際、就労をしないシニア世代は、預金額など資産の証明が必要になる場合が多く、資金を多めに準備することが大切です。現地での年金の受取り方や、税金についても調べておくことが大切です。

理想と現実のギャップ!?移住先の住まい探しの注意点とは?

地方で家を持つには、新築住宅を建てる、中古物件をリフォームするなどの方法がありますが、どちらにしても費用のかかることなので、自治体や地元の人から情報を集め、慎重に進める必要があります。

移住する前に見極めたい!中長期型地域体験プログラムとは?

地方移住した人には、地元に馴染めなかったり、仕事が見つからなかったりして、移住を断念する人も少なくありません。事前に自治体が主催する地域体験プログラムを活用して居住体験してみることが大切です。

お試し長期滞在に最適!簡単にビザが取得できる国ベスト5

海外移住の前に、長期滞在をして住んでみることが大切です。観光ビザや長期滞在ビザが取得しやすいのは、マレーシア、フィリピン、タイ、インドネシア、カナダの順です。

Previous Posts

WordPress theme created by ThemeMotive.